Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukacora.blog81.fc2.com/tb.php/6-1fa28b65
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

朝昼 指揮してみました

本当は、お昼まで指揮するつもりはなかったんですよ・・・



ほんと、お昼は長かった・・・。

まずは、朝戦から。


※正直申しまして、あまりに長い昼戦だったため、
朝戦の記憶が・・・。(滝汗)



朝の人数および戦力比は、ベラ>>アク>コラ
戦局を支配しているのは、完全にベラでした。




ベラ本体はT字に集結。
とりあえず、ベラ対策として偵察排除に集中。
b坂・東口・A丘からの全ての偵察を、完全に排除することに成功。





ベラ指揮官としても、CCU状況不明のままT字に長く滞在し
自軍CUをガラ空きにしておくことに不安を覚えたのか、
T字ベラ本体は、3名ほど残し、南口へ。



 T字に残ったベラ3名ほどが、東口あたりをうろうろし、コラを伺います
こちらも、隙は見せたくありませんので、東口で迎撃。
その間も、アクの動きはありませんでした。


 


 ベラ本体ACU攻撃開始。
ACUの減少速度からも、ベラ本体の戦力豊富さが感じられます。





T字あたりにいたベラ3名も、ACU攻撃へ移動。
CCU狙いはほぼ無くなったため、
こちらは、少数部隊をアクポタに派遣。
あとは全軍移動のタイミングを見計らうことに。


 


ACU残量50で移動を指示。




ベラは戦力豊富のため、そのままACU減少。
アクはベラ排除、ベラはコラ排除、コラは生存優先、といった動き。





生存優先で、しっかりコラは少数ながら最後まで粘ります。







ACU残量5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・












LA コラ くkumiみ(敬称略)



最終残量  ACU ×
        BCU 不明
        CCU 100







今回の朝戦では、昨朝の経験を生かし
「残量2で、上級スキルを」、と指示してみました。



参戦者の皆が、しっかりと意識してくれ、結果、
朝戦のLA戦でようやくベラに勝利!!!





しかし、ベラに完全に削ってもらったうえでの勝利ですから
運がよかったとしか言えない、そんな朝戦でした。










---------------------------------------------


そして、2時間を越える激闘だった昼戦。
開始直前でも指揮が決まらず、やむなく立候補。




開始当初の人数および戦力比は、3種族とも互角。
これまでの昼戦の定番が、アクベラによるCCU攻め。
よって、最初から二国攻めを覚悟しつつのスタートです。




とりあえず、ゆっくり集合する傾向にあるコラ。
じわじわとしか、参戦者が増えません。
その間にもアクベラは、着々と行動。
こちらは偵察重視しつつ、A坂上にて偵察排除。




まずCCUに来襲したのはアク。
ACU~CCUの道中ほぼ停止することなく、CCUへ来襲。
アク族長も含んでいるため、排除にかなり手こずり、
クリア後のCCU残量80~85だったかと。




アクはT15へ後退し、その場で集結中。
その間にベラはI10~m8あたりとT字に、分隊して進軍。
二国攻めは確定に近い状況になります。





この時の、人数および戦力比は、ベラ>アク=コラ。
ベラは進軍距離が長い&分隊していることを考えると、
タイミングさえ間違わなければなんとかなる、と考えていました。








m8方面へ少数部隊を派遣。北ルートからのベラを足止めします。
その間に、アクがA丘へ移動、そしてCCU来襲。
そのアクに便乗し、アク背後の東口からベラが来襲。





かなり削られるだろうと覚悟しつつ、アク優先排除を指示。
ベラは距離があるため無理せず後退をするはずだ、と踏んでのことでした。






予想は的中。
ベラはアクが崩れだしたのを見て、真っ先に後退。
そのため、アク排除の速度が上がり、CCUクリア。
残量は70~75ほど。




アクはBN~T16あたりに後退&集合中。
その間に、北ルートのベラがB坂に近寄りつつありました。




ここで、アクに先発の仕事をさせるわけにはいきません。
A丘に族長含む少数に、警戒させる要素として待機してもらいます。
これが効果を生み、A丘へ進もうと動きを見せていたアクが反転。
アクは、T16でしばし停止状態に入ります。




なんとか二国攻めのタイミングを、ずらすことに成功しつつありました。
b坂下のベラ、5名ほど残して、T字部隊に合流をしたようでした。
この間にb坂下に排除部隊を派遣。

その動きを察知してか、T字ベラ本体が東口内部へ移動。




A坂上待機していた防衛全軍で、東口内部の排除へ。
同時に、A丘寄りになっていたアクに対して、背後からの部隊を派遣。




なかなかに手間取ったものの、ベラをT字に押し戻すことに成功。
しかし、それを察知したアクがA丘へ移動したとの情報。
急ぎ防衛へ反転し、A坂上にて迎撃準備。




A丘・背後部隊がいたおかげで、アクの来襲が若干遅れる。
なんとか、ある程度の防衛部隊が復帰したころ、アク来襲。
A丘・背後部隊と、防衛部隊による挟撃が成功。
CCU残量66にてクリア。




アク本体はBNあたりで、コラのカウンターを警戒。
ベラ本体はT字にて、動きをみつつ待機。
B坂下にはベラ3名が待機。






残量66あれば、二国攻めを少なくとも2回は耐えられます。
この2回分の猶予中に、ベラの矛先をACUへ向かわせることを決意。




しかし、いつベラがCCU来襲してもおかしくなく、
また、アクにはしばらく防衛状態を続けてもらう必要があるため、
分隊を覚悟。




A坂上にて待機し、東口からのベラを警戒しつつ、
少数部隊にてBNの制圧に向かってもらいます。




BN部隊は、わざと時間差で少数援軍を送り、
ベラ偵察に「コラがBN移動開始」という内容を発言させるよう仕向けます。



成功したのかは不明ですが、
T字ベラから、少数が東口内部へ移動開始。
こちらも少数部隊を東口内部排除へ。
そして、T字には出ないで、そのまま内部に待機してもらいます。




その間に、全軍でB坂排除に動きます。



やはり、それを察知したベラが、再び東口内部へ移動。
待機していた部隊によって、排除。
B坂下もクリアし、防衛は再びA坂上へ。




さぁ。
これで、ベラは多少の手詰まりを感じたはずです。
そして、コラのBN部隊が苦戦ながらも、アクを引き付けていることも
おそらくは承知でしょう。
ベラ指揮官は、どう動くか・・・。







思惑大成功!!!!
ベラはT字に少数残し、南口へ移動開始。




コラは、ベラを後押しすべく、
BNで苦戦している部隊と、T16で全軍集結。
ベラは、まだ完全にCCUを捨ててはいないはずなので、
東口内部に少数を潜ませておきます。






その間に、アクはコラを警戒しつつも、
南口~T字のベラを排除にいった様子。
ベラ本体は、一旦、T字へ後退。





ベラは、ACUもきついと感じたのか、T字の少数が東口内部へ移動。
潜ませておいた少数部隊により、これを排除。




おそらく、この東口内部排除が、
ベラ指揮官にACU攻めを完全に決意させたタイミングだと思います。
これ以降、ベラはT字からのCCU方面へは手出ししなくなります。
(今から思うと、B坂下のベラ2名ほどは、コラが北いったときのための偵察員だったのかもしれません)




南口から、ベラがACUへ。
BNにいたアクが、南へ移動防衛開始。






アクも、対コラを準備しているでしょうから、少数先発隊を先にACUへ。
時間差で、全軍ACUへ。




そして、ベラがコラをみて、うまく南口へ後退。
ここからは、ベラとのタイミング争いです。



ベラ侵攻で、ACU残量がなかなか減少せず
コラで減少させることを決意。
うまく使われることにはなりますが、やむ無し。




残量50・・・40・・・30・・・と
一進一退でACUを削っていきます。




残量30でコラ後退で、ベラがACUをようやく削り出します。
こちらは残量20で、ACUへ。
味方に、この回で落とすことを周知させておきます。




順調に減少するACU。
残量15・・・13・・・10・・・
「残量2 で 上級」と指示しておきます。




残量5・・・3・・・・2・・・



ACUへ張り付くコラ。
LA戦の勝敗はいかに・・・・







LA ベラ 安藤みなわ(敬称略)





はい。またしてもLA戦でベラに負けました・・・。


最終残量 ACU ×
       BCU 100?
       CCU 60



今回のLA戦は、ほぼ互角だったと思うのですが、
気になったのは残量3あたりからの、減少速度の異常なUP。



「残量2で」ではなく3か4だったかな、というのが感想です。
(ほんと、ベラはLAうまいわ・・・悔しいw)



負けは残念でしたが、平日にも関わらず熱戦を繰り広げられました。
ひとえに参戦者の皆さんのおかげ。



今後とも参戦お願いします。












 


 


 






 


 


 


 


 


 






 






 


 


 


 


 


 


 


 


 

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukacora.blog81.fc2.com/tb.php/6-1fa28b65
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

HARUKA

Author:HARUKA
RFonline(ポートで停滞)
  LV49 HARUKA :無所属
完美世界(1鯖) 休憩中
  LV69 ファルカ
  LV69 HARUKA 
ラペルズ(1鯖)
  LV65 遥夏  :無所属

などなど・・・





当サイトは
リンクフリーです。

最新の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター


無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。